失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » 川崎市で導入したい場合

川崎市で導入したい場合

先ほど、神奈川県の太陽光発電システムに関する補助金の話をしたときに、こんな話をしました。
個人住宅に太陽光発電システムを設置する場合には、窓口は市町村となる、という話です。
つまり、神奈川県独自には、個人住宅に対する補助金を行っておらず、市町村の補助金に上乗せするということです。
それならば、その神奈川県の市町村では、どのような補助金制度が行われているのでしょうか。
今回紹介するのは、川崎市です。
川崎市は、横浜市についで県内2番目に大きい市町村です。
人口は100万人を越え、政令指定都市にもなっております。
そんな川崎市で実施されている、個人住宅用の補助金制度が「住宅用太陽光発電設備設置補助事業」です。
補助対象となるのは、どのような方なのでしょうか。
まず、川崎市内に居住している、もしくは居住を予定している方です。
その上で、既存の住宅に新たに太陽電池モジュールを設置しようという方です。
新築で、それとともに太陽電池モジュールを設置しようという方も、対象となります。
共同住宅の場合は、個人単位ではなく、管理組合で申し込むことになります。
共同住宅申請の場合には、共有部のみに、その電力を使用していることが条件になります。
そして、自ら電力会社と契約を結べる方などの条件があります。
補助金の金額が気になるところです。
個人申請の場合には、1キロワットあたり40000円で、上限は139000円となっております。
なお、個人申請の場合は、前述したように、神奈川県からの補助金も、この金額に含まれています。
その内訳は、川崎市分が25000円(上限額87000円)で、神奈川県分が15000円(上限額52000円)となっております。
ちなみに、申請のタイミングですが、既存の住宅に新たに取り付ける場合には、工事の前に申請しなければなりません。
また、太陽光発電システムがついた住宅を購入する場合は、その引渡し前に申請する必要があります。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>